[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

11.30 rfc.sha - SHAメッセージダイジェスト

Module: rfc.sha

このモジュールは、RFC 4634で定義されている US Secure Hash Algorithmを実装しています。 提供されるアルゴリズムはSHA-1, SHA-224, SHA-256, SHA-384および SHA-512です (後の4つを総称してSHA-2と呼ぶこともあります)。

このモジュールは、util.digest (util.digest - メッセージダイジェストフレームワーク参照) を拡張しています。

Module: rfc.sha1

これはSHA-1だけを提供していた古いモジュールです。互換性のため、 この名前はrfc.shaの別名として残されています。 新たに書くコードはrfc.shaを使ってください。

Class: <sha1>
Class: <sha224>
Class: <sha256>
Class: <sha384>
Class: <sha512>

これらのクラスのインスタンスは、SHAダイジェストアルゴリズムの内部状態を 保持しています。

このクラスは、util.digestフレームワークのインターフェース、 digest-update!digest-final!digestdigest-stringを実装しています。 これらのメソッドの詳細な説明は、util.digest - メッセージダイジェストフレームワークを 参照して下さい。

ダイジェスタフレームワークに加えて、このモジュールはショートカット 手続きを提供します。

Function: sha1-digest
Function: sha224-digest
Function: sha256-digest
Function: sha384-digest
Function: sha512-digest

現在の入力ポートからデータをEOFまで読み込み、そのダイジェストを 不完全文字列で返します。

Function: sha1-digest-string string
Function: sha224-digest-string string
Function: sha256-digest-string string
Function: sha384-digest-string string
Function: sha512-digest-string string

stringのデータをダイジェストし、その結果を不完全文字列で 返します。


[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]

This document was generated by Shiro Kawai on May 28, 2012 using texi2html 1.82.