For Gauche 0.9.5


Next: , Previous: , Up: ライブラリモジュール - ユーティリティ   [Contents][Index]

12.56 text.tr - 文字変換

Module: text.tr

このモジュールは、入力ストリームから指定の文字を置き換えて出力する、 文字変換(transliterate)機能を提供します。 Unixのtr(1)コマンドで実装され、sedperlにも 採り入れられている機能です。

Gaucheのtrはマルチバイト文字/文字列を正しく扱います。

Function: tr from-list to-list :key :complement :delete :squeeze :table-size :input :output

inputから文字を読み込み、その文字がfrom-list内にあれば 対応するto-list内の文字に置き換えて、outputへと書き出します。 from-listに無い文字はそのままoutputへと渡されます。

inputoutputの既定値はそれぞれ現在の入力ポートと 出力ポートです。

from-listto-listは文字列でなければなりません。 その中には次のような表記を使うことができます。それ以外の文字はそのまま使われます。

x-y

文字xから文字yまでの文字の昇順の並びと解釈されます。 xyは含まれます。文字の並びはGaucheの内部文字エンコーディングに よって決定されるので、一般にはxyは同じキャラクタクラスの中に 止めておいた方が安全でしょう。xyより小さくなければなりません。

x*n

文字xn個の並び。nは10進数で表記された数値です。 これはto-listでのみ有効で、from-listで使うとエラーになります。 nが省略されるか0の場合、xto-listの長さがfrom-list の長さに達するまで繰り返されます(その場合、to-listの残りは無視されます)。

\x

文字xそれ自身。特殊文字そのものを埋め込みたい場合に使います。 文字列のリーダも\を解釈するので、\\と書かねばならないことに注意 して下さい。

グラフィカルでない文字のための構文はありません。文字列リーダの構文を使って そのような文字を文字列に含めることができます。

いくつか例を挙げます。

;; 大文字と小文字を交換します
(tr "A-Za-z" "a-zA-Z")

;; ひらがなとかたかなを交換します
(tr "ぁ-んァ-ン" "ァ-ンぁ-ん")

;; 7ビットのノングラフィカルな文字を‘?’に変換します
(tr "\x00-\x19\x7f" "?*")

to-listfrom-listより短い場合、動作はキーワード引数deleteに 依存します。もし真の値がdeleteに与えられれば、from-listに現われて to-listに対応するものがない文字は入力から取り除かれます。そうでなければ そのような文字はそのまま出力されます。

真の値がcomplementに与えられた場合、from-listの文字の 補集合がfrom-listとして使われます。この文字集合は極めて大きくなる 可能性があることに注意してください。従って、一般にこのオプションは to-listに‘*’を使ってそれらの文字を一文字にマッピングするか、 deleteオプションと併用するかしないとあまり意味がありません。

真の値がsqueezeに与えられた場合、同じ文字への置換が2つ以上並ぶ場合に 2つめ以降の文字が削除されます。to-listが空の場合は、from-list に含まれる文字で同一文字が並んだ場合に2つめ以降の文字が削除されます。

内部的に、trはキャラクタのマッピングのためにテーブルを使用します。 但し、Gaucheでは極めて大きな文字セットを扱うため、テーブルはキャラクタコードの 小さい文字のみに対して使われます(デフォルトではコード255以下の文字)。 もし、より大きな文字を頻繁に変換することが分かっていて、メモリを余分に使っても 速度を上げたい場合は、このテーブルの大きさをtable-sizeキーワード引数で 指定することができます。例えばEUC-JPコードで大量の平仮名と片仮名を変換する場合は、 table-sizeを42483以上にすると、全ての変換がテーブルルックアップで 行われます。

trが変換テーブルを計算するのにいくらかオーバーヘッドがあることに 注意して下さい。内側のループでtrを繰り返し呼ぶような場合は 下に示すbuild-transliteratorを使った方が良いでしょう。

Function: string-tr string from-list to-list :key :complement :delete :squeeze :table-size

入力をstringから取って変換結果を文字列で返す以外はtrと同じです。

Function: build-transliterator from-list to-list :key :complement :delete :squeeze :table-size :input :output

実際の変換動作をする手続きを作成して返します。内部データのセットアップを済ませるため、 同じ文字変換セットに対してtrを繰り返し呼ぶような場合は、この手続きを用いることで 初期化のオーバヘッドを軽減することができます。

註記:inputoutputキーワード引数が省略された場合、 作成される変換手続きは、それが使用された時点でのカレント入出力ポート を参照します。

(with-input-from-file "huge-file.txt"
  (lambda ()
    (let loop ((line (read-line)))
      (unless (eof-object? line) (tr "A-Za-z" "a-zA-Z")))))

;; 以下の方が効率良く動作します...

(with-input-from-file "huge-file.txt"
  (lambda ()
    (let ((ptr (build-transliterator "A-Za-z" "a-zA-Z")))
      (let loop ((line (read-line)))
        (unless (eof-object? line) (ptr))))))

Next: , Previous: , Up: ライブラリモジュール - ユーティリティ   [Contents][Index]