For Gauche 0.9.6


Next: , Previous: , Up: ライブラリモジュール - ユーティリティ   [Contents][Index]

12.19 dbm.gdbm - GDBMインタフェース

Module: dbm.gdbm

Provides interface to the gdbm library. Extends dbm.

Class: <gdbm>

{dbm.gdbm} <dbm> を継承します。GDBM ライブラリのための実装を提供します。 このモジュールは、すでにあなたのシステムにすでに GDBM がある場合にのみ インストールされます(バージョン 1.8.0 が推奨されますが、いくつかの制限が あるだけで古い 1.7.x でも動作します)。

Instance Variable of <gdbm>: sync
Instance Variable of <gdbm>: nolock
Instance Variable of <gdbm>: bsize

統合された DBM インターフェース (see 汎用DBMインタフェース) の 他に、このモジュールでは GDBM API への直接のアクセスを提供する以下の 低レベルな手続きを提供しています。これらの API の詳細については GDBM の マニュアルを見て下さい。

Function: gdbm-open path :optional size rwmode fmode error-callback

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_READER

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_WRITER

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_WRCREAT

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_NEWDB

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_FAST

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_SYNC

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_NOLOCK

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-close gdbm-object

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-closed? gdbm-object

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-store key value :optional flag

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_INSERT

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_REPLACE

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-fetch gdbm-object key

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-delete gdbm-object key

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-firstkey gdbm-object

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-nextkey gdbm-object key

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-reorganize gdbm-object

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-sync gdbm-object

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-exists? gdbm-object key

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-strerror errno

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-setopt gdbm-object option value

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_CACHESIZE

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_FASTMODE

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_SYNCMODE

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_CENTFREE

{dbm.gdbm}

Variable: GDBM_COALESCEBLKS

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-version

{dbm.gdbm}

Function: gdbm-errno

{dbm.gdbm}


Next: , Previous: , Up: ライブラリモジュール - ユーティリティ   [Contents][Index]